1/18(2)

開催中

ボートレース大村トップ > 次節の展望

次節の展望

原田幸VS峰に熱い視線! 地元周年Vへ桑原も意欲的

原田幸哉(長崎)と峰竜太(佐賀)の対決に注目が集まる。蒲郡メモリアルで準完全優勝と劇的な復活Vを成し遂げた原田は、22年もトップ戦線でフル稼働すべく、地元のこの一戦から全力投球。一方の峰は、7期連続勝率1位とマイペースで“最強”を堅持する。22年もトップ戦線はこの男を中心に激闘が繰り広げられるだろう。地元意識もある当地周年は獲るべきタイトルでもある。地区選連覇で全国にその名を知らしめた桑原悠(長崎)や地力急上昇の村上遼(長崎)、さらに石橋 道友(長崎)、赤坂俊輔(長崎)、下條雄太郎(長崎)らが地元周年制覇へ意欲を燃やす。

遠征勢も強豪揃い。なかでも昨年の多摩川チャレンジCで実に16年ぶりとなるSG優勝を果たした辻栄蔵(広島)のレースぶりに注目が集まる。近年のトップ戦線では欠かせぬ存在の菊地孝平(静岡)、茅原悠紀(岡山)、桐生順平(埼玉)らは常に警戒は怠れないし、昨年のダービーでSGV3 を達成した平本真之(愛知)も上位の一角。当地周年V2今垣光太郎(福井)に、当地SG優勝がある山崎智也(群馬)と石野貴之(大阪)の3者はいずれも調子の波が激しいが、爆発力も人一倍ある怖い存在だ。当地周年覇者の井口佳典(三重)と山口剛(広島)も22年は勝負の年に。