7/5(2)

非開催

ボートレース大村トップ > 次節の展望

次節の展望

 下條が通算10回目の地元Vへ意欲 モーター使い始めで直前気配に注目

 新モーター2節目。プロペラ調整に長けた実力派が上位進出するのが、新モーターの特徴だ。優勝候補筆頭には、地元の下條雄太郎(長崎)を挙げる。5月の誕生祭は地元のエース格として期待されたが、モーター抽選運に恵まれず予選落ち。しかし、4月蒲郡周年優出、5月児島でも優出と調子は悪くない。

近況のリズムでは、塩田北斗(福岡)と島村隆幸(徳島)のほうが上か。塩田は6月に当地を走って2コース差しで優勝したばかり。島村も当地5月戦で優出と水面相性は良い。当地実績では、誕生祭覇者の青木玄太(滋賀)も挙げておきたい。G1でもパワー攻勢で実績を積んでいるだけに、上位進出は外さないだろう。山本隆幸(兵庫)、吉田俊彦(兵庫)は手堅いレース運びで大崩れしない。高倉和士(福岡)、藤原啓史朗(岡山)はスタート力を活かして優勝戦線に加わる。地元の吉田一郎(長崎)もスタート力では負けていない。当地では昨年6月戦で16度目のVに、直近も2連続優出中と信頼度もグンと増す。混戦ならキャリアのある烏野賢太(徳島)の出番もありそう。6月丸亀Vと近況好調な山本修一(岡山)にも警戒が必要だ。