9/29(4)

開催中

ボートレース大村トップ > 予想サイト > 印賀 勝男の今日のねらい目!

印賀 勝男の今日のねらい目!

 地元の仁科さやかが、女子勢で唯一、準優入りを果たした。予選ラストの2日目4Rは、2コースから小回りで残して2着に好走した。駆る15号機には「ターン回りが良くて気になるところはない」と手応えあり。ぐいぐい伸びていく足色ではないが、レース足は良好。準優11Rは5枠から今年2度目の優出を目指す。

 その準優11R、同じく地元の山本浩輔は2枠で登場。駆る62号機は複勝率23・0%の平凡機だが、整備やペラ調整などでパワーアップに成功。「行き足は良くて、スタートはしやすい」と水準以上に押し上げた。「初日後半にリングを換えて良くなっているし、調整も変えている。もらった時とは別物になったと思って乗ってますよ」と機力アップに笑顔だった。こちらは今年3度目の優出を狙う。

 一方、東潤樹は2日目3Rを2着にまとめたが、初日1走目の大敗が響いて予選敗退。それでも、伸びは軽快で「感触はいい。直線に向けば負ける感じはない」と好感触のまま。3日目は1、6Rの2走で5、2枠。準優組が相手でも、威張れるだけの足はある。一発には要注意だ。

7R…中辻が速攻を決める。1ー2ー34、1ー3ー24の計4点。

6R…東が伸びを生かして強攻策。2ー3ー流し、2ー4ー流し、2ー6ー流しの計12点。