ボートレース大村トップ > 予想サイト > 印賀 勝男の今日のねらい目!

印賀 勝男の今日のねらい目!

 好素性機は主力勢に渡ったが、伏兵でも初日に目立った選手は何人かいた。

 126期の浜野斗馬は、パワーが光った。初日2Rは6コース。スタートで後手に回ってバック5番手だったが、道中で追い上げて3着に食い込んだ。「まだ合わせ切れてない感じはしました」とコメントは控えめだが、同じレースを走った吉武真也は「浜野選手がすごく良かった」と話すほど。2日目1Rも大外から見せ場を作る。

 和合俊介も初日5Rは3コースから2着に入った。「まだ調整は合っていなかった。でも、その割にはいけたのでエンジンは良さそうです」と手応えをつかんだ。2日目は2、11Rの5、4枠。機力を味方にポイントアップを図る。

 一方、吉田翔悟は地の利を生かして奮闘した。初日前半1Rは5コースから2着。後半7Rは格上の谷村一哉、吉永則雄を相手に2着争いを繰り広げて3着。「乗り心地は悪くない。いい人とは差がありそうです。(2、3着に)いいスタートは切れました」と話した。2日目は1Rの1枠1回。しっかり逃げて、流れに乗る。

 

9R…柳生がスリットから伸びて突き放す。1ー3ー2、1ー3ー5の2点勝負。

11R…和合が果敢に攻める。相手は初日連勝の市橋。4ー2ー流し、2ー4ー流しの計8点。