ボートレース大村トップ > 予想サイト > ピットレポート > 前検日のピットレポート

前検日のピットレポート

更新日:2021年03月07日18時36分35秒

「公営レーシングプレスカップ」☆前検ピットレポート☆

近況好リズムの選手など注目レーサーが揃った今シリーズ。8日から5日間の熱戦が繰り広げられる。当地連覇を狙う山本隆幸選手や熟練の技が光る倉谷和信選手、また一撃が魅力の山一鉄也選手からも目が離せない。その他、谷村一哉選手や市橋卓士選手、そして下関に続く連続優勝を狙う柳生泰二選手など、中国・四国勢もシリーズを沸かせそうだ。一方、地元からは3選手が参戦。中でも昨年12月に徳山で自身初優勝を飾った坪口竜也選手は地元初Vを目指す!

前検レポートでは初日メイン第12レース出場予定の6選手の前検日コメントを紹介します。

 

〇市橋 卓士選手

「スタート練習の感じは悪くなかった。班では一緒か少し余裕がある感じだった。このまま一走してみてもいいのかなという感じはする。」

〇倉谷 和信選手

「足は分からないけれど、乗り心地は悪くなかった。回転もそこそこ上がっているし、これで行けそうな感じもする。外周りから調整して行く。」

〇山一 鉄也選手

「回っていなかったのでプロペラは片面だけ調整してスタート練習に行った。こっちの方が良いのかな。また回転を上げる方向で調整して行きます。」

〇山本 隆幸選手

「可もなく不可もなくですね。スタート練習は班の中で悪い感じはなかった。外周りだけ合わせて行けば十分戦える感じはある。」

〇渡邊 雄一郎選手

「プロペラはそのままでスタート練習に行った。良さそうな感じはする。足合わせはしていないのでハッキリは分からないけれど、エンジンに力があるような感じがします。スタート練習も少し余裕があった。プロペラ中心に調整して行く。」

〇谷村 一哉選手

「貰った状態でスタート練習は、少し伸びたけれど出足とかが良くなかった。バランスとれるように調整して行きたいですね。今の所は、足は参考外ですね。」

 

今節もピット解説で様々な選手情報を届けていきますので、是非最終日最終レースまでお楽しみください!