ボートレース大村トップ > 予想サイト > ピットレポート > 前検日のピットレポート

前検日のピットレポート

更新日:2019年09月16日19時52分09秒

「G3オールレディース競走 第14回蛭子能収杯」
9月17日〜22日の6日間で開催されます♪

今節は、A1選手4名を含む42名が参戦!!
中でも注目は、守屋美穂選手と松本晶恵選手の2選手。
守屋選手は、今年7月芦屋G2戦で男子トップ級選手相手に見事優勝を飾り、今年優勝4回と近況リズムは絶好調。ここ大村でも今年初めに優勝しており、今節は連続優勝がかかる。松本晶恵選手は、昨年自身2度目のクイーンズクライマックスを制し、今年はここまで優勝2回。大村は約1年9ヵ月振りの参戦だが、安定したさばきで優勝争いをリードする。
その他では、大村で優勝歴があるベテランの日高逸子選手や、当地で自身初優勝を飾った藤原菜希選手、復帰後の活躍が期待される鎌倉涼選手などに注目したい。
一節間の女子たちの熱い戦いにご期待ください!!

初日の「第12R蛭子選考ドリーム」に出場する6選手の前検コメントをご紹介します☆

☆1号艇 日高 逸子 選手
 「行き足が良くないですね。スタートも決まっていない感じがしました。でも、回転は上がっていました。班の中では、自分が目立っていなかったですね。プロペラはまだ見ていないので、これから確認していきます。」

☆2号艇 松本 晶恵 選手
 「風が強かったけれどスタート届いていたし良い感じでした。回転の上がりも好きな感じ感じです。乗り心地は分からなかったけれど、大幅にはプロペラ調整はしなくて良いかなと思います。」

☆3号艇 藤原 菜希 選手
 「普通ですね。1人で乗る分にはターン回りなど悪い感じはしなかったし、乗りやすさもありました。ただ、握り込んだ感じが気になりました。プロペラはまだ確認していないので、明日調整します。」

☆4号艇 守屋 美穂 選手
 「もらったままの状態で乗りました。班での比較は分からないけど、回転の上がりが良かったし悪くはない。今のところ気になるところはないです。明日の気象を確認しながら調整していきたいと思います。」

☆5号艇 川野 芽唯 選手 「出口の立ち上がりや反応が良くなかったですね。バックの繋がりが良くないです。スタートは置いて行かれる感じはなかったけれど、バックでは置いて行かれそうな感じはありました。外周りやギヤケースの調整をして少しでも上積みをしていきたいです。」

☆6号艇 深川 麻奈美 選手
 「悪くないと思います。プロペラは貰ったままの状態で行ったけれど、ターン回りも良い感じでした。特別伸びていく感じはないけれど反応はありました。」


明日からも様々な選手情報をピットレポートでお届けしていきます。
ぜひ最終日まで熱戦にご期待ください♪