ボートレース大村トップ > 予想サイト > 番記者のピットレポート

番記者のピットレポート

 守屋大地の伸びは変わらず抜群だ。準優11Rは6枠の加瀬智宏が動いて大外になったが、道中で追い上げて3着に入った。優出まであと1歩だっただけに「今はスタートで様子を見てしまった」とレース後は悔しげだった。それでも「伸びはトップクラスです。回り足も悪くない」と舟足には手応えをつかんだまま。最終日3、10Rの2走も奮闘に期待したい。


番記者おススメの一レース

 【3R】守屋は大外でも出番十分。インの森を相手に、6ー1ー流し。
 【10R】守屋がセンターからツケマイで突破。3ー125ー125の6点。