ボートレース大村トップ > 予想サイト > 番記者のピットレポート

番記者のピットレポート

 竹田辰也がエース機のパワーを見せつけた。2日目11Rはインからコンマ15のスタート。2コースの山口裕二にスリットは先行されたが、そこから伸び返して1Mを先マイ。バックで後続を一気に引き離した。「ペラをやり過ぎて起こしで鳴いたけど、エンジンがカバーしてくれた」とほっとした表情。3日目の4枠と3枠の2走で、予選の上位通過を狙う。


番記者おススメの一レース

 【6R】竹田がカドから強襲。4ー136ー136の6点。
 【11R】竹田が機力で群を抜く。一発決める。3ー124ー124の6点。