ボートレース大村トップ > 予想サイト > 印賀 勝男の今日のねらい目!

印賀 勝男の今日のねらい目!

 コース争いはボートレースの面白さの1つでもある。今節は西島義則、江口晃生、深川真二と分かりやすくインまで狙って前付けに動く選手がいる。初日2Rはその江口と深川が同じレース、しかも外枠で登場。当然、この2人が動いて内は深くなった。そこをカドに回った2枠の深谷知博がまくって1着。江口は道中で2着の湯川浩司まで迫る3着。後半8Rも3枠から2コースに動いて、3番手を争った末の4着。「出足、行き足はまあまあ。かかりとか伸びがもうちょっとかな」と気配は悪くない。この先も、コース取りから盛り上げてくれそうだ。
 さて、初日は内優勢の展開が目立ったが、その中で金子龍介は初日1Rを4コースからまくって快勝。SGは18年蒲郡以来で、SGでの1着は14年常滑ダービー以来となった。「回転が少し足りない分、伸び型になっていた。モーターは悪くないと思う。レース後にギヤケースをした。これで手前の方に来てくれれば」とさらに上積みを狙う。
 初日7Rでは佐藤翼も4カドまくりで快勝。こちらは18年住之江GPシリーズ以来、2度目のSG出場。「思った以上にいいですね。出足より伸びがいい。チルト0度でいくか、マイナスでいくかを考える」と機力にも手応え十分だった。

 9R…篠崎が一気に逃げる。相手は井口。1ー4ー26、1ー26ー4。

 8R…前本が今度こその一撃。5ー2ー流し、5ー6ー流し、5ー3ー流し。