ボートレース大村トップ > 今節の展望

今節の展望

近況好調な益田と古賀が激突!野長瀬、渡邉らベテラン勢も奮起

安定感があるベテランに、勢いのあるミドルとヤング、軽量を生かす女子が参戦する一戦。

優勝戦線をリードするのは準地元の益田啓司(福岡)と古賀繁輝(佐賀)だ。ともに今年は優勝2回と好調モード。益田は当地3度目の優勝、古賀は当地初優勝へ気迫の走りを見せる。

地元の真庭明志(長崎)も好調。今年5度目の地元戦で、全速アタックで奮闘だ。出場年齢の引き下げでマスターズC参戦資格を得た馬袋義則(兵庫)は、SG覇者の意地を見せたい。

ベテラン勢では、津マスターズCで優出を果たした野長瀬正孝(静岡)と渡邉睦広(東京)に注目が集まる。特に渡邉は、2月に桐生地区選でデビュー28年目にしてG1初優出を決めたばかりで、ベテランになって持ち前の堅実戦が光る。リズムを上げている山崎義明(埼玉)も上位争いへ。

女子は4月の鳴門、5月芦屋混合戦で優出した中谷朋子(兵庫)が楽しみ。前回4月のオールレディースでは予選を得点上位で通過し、優出3着と活躍した。7月からB級に降級する中里優子(埼玉)はリズムアップを図る。

ヤング勢では2月徳山で優勝、今年も最優秀新人候補に挙がる松尾拓(三重)に注目したい。15年最優秀新人の村上遼(長崎)は、前期事故率に悩まされた。期が替わって反撃開始だ。