ボートレース大村トップ > 今節の展望

今節の展望

当地周年覇者白水を追いかけるマスターズ世代の田頭石川

 シリーズの中心は当地周年覇者の白水勝也(福岡)だ。10月には平和島ダービーを控えており、ハイレベルな走りで優勝戦線をリードする。速攻派の田頭実(福岡)、技巧派の石川真二(福岡)のマスターズ世代の2名が白水に続く。田頭は8月住之江で優勝、石川も7月戸田で優勝と近況の調子は上々。地元の吉田一郎(長崎)も当地7月戦を6コースから冷静に展開をとらえて優勝している。

 村田修次(東京)も5月丸亀から6連続優出中と好調だ。7月鳴門では白水のイン戦を破って優勝を決めており、その再戦にも注目が集まる。当地優勝歴がある石塚久也(埼玉)と中越博紀(香川)もスピード軽快に上位進出へ。女子では藤崎小百合(福岡)と川野芽唯(福岡)が今期7点勝率ペースと快調に飛ばしており、男子相手でも好勝負が期待できる。

 一方、調子を落としている矢後剛(東京)と川崎智幸(岡山)だが自慢のテクニックは健在、再浮上を目指す。地元戦で気合の入る中村辰也(長崎)にも注目したい。ウエスタンY優勝戦Fでヤングダービー出場が消えたのは残念だったが、A1級初昇級へここが踏ん張りどころだ。