トップページ > レース展望

レース展望

ファン投票で選ばれた選手が、人気と期待を背負う

新スタンドに生まれ変わった大村で、早くも待望のSGが開催!
ファン投票で選ばれた52名はなんとも豪華!
まず、シリーズを牽引するのは、毒島 誠(群馬)池田 浩二(愛知)山崎 智也(群馬)だろう。毒島は、SG優出常連になりつつあり、今、最も勢いがある選手だろう。池田は当地G2誕生祭を制し、水面との相性は抜群。当地周年でも準優出し、調整の手応えもつかんでいる。山崎は昨年度、G1 4本を制し実力を示したが、SGは取れなかったため、今節に意欲を燃やす。本来、優勝候補筆頭のはずのファン投票1位、瓜生 正義(福岡)だが、90日間の休みを控え、全力を出せない。

ほかにも、ファン投票6位の松井 繁(大阪)は今年に入ってまだSG・G1の優勝はないが、その手堅い走りで王者の存在を示す。直近当地周年を制し、2年半振りのG1優勝を果たした、原田 幸哉(愛知)は、スタート感も掴み優勝候補の一角だ。宮島G1、三国G1と制し、好調ムードの今垣 光太郎(福井)も、当地周年優出と手ごたえ十分だ。前回大会覇者であり、前年最優秀選手にも輝いた菊地 孝平(静岡)は得意のスタート力で自在コース体制だ。

関東地区からは、毒島、山崎のほかに、オールスター19年連続出場の東都のエース濱野谷 憲吾(東京)、と全力体制だ。東海地区からは、池田、原田、菊地と層は厚いが、GPシリーズ制覇、G12つ制覇と勢いが止まらない平本 真之(愛知)も参戦と戦力充実だ。近畿地区は、今垣、松井に加え当地周年制覇経験のある太田 和美(大阪)、芦屋周年制覇からはずみをつけている石野 貴之(大阪)、一般戦での優勝ラッシュを続ける中島 孝平(福井)と実力者揃い。中国地区はオールスター30回出場と圧倒的な人気を誇るプリンス今村 豊(山口)、念願のSG優勝を果たし名実ともにSGレーサーとなった白井 英治(山口)、グランプリを勝ち取り実力を見せつけた茅原 悠紀(岡山)、当地周年優勝経験のある吉田 拡郎(岡山)と人気・実力兼ね揃えたトップレーサーが集う。四国地区は、森高 一真(香川)重成 一人(香川)が参戦と一癖も二癖もあるメンバーだ。九州地区は、ファン投票1位の瓜生に加え、人気・実力を備え、名実共に九州のエースに成長しつつある、篠崎 元志(福岡)、峰 竜太(佐賀)の両名が参戦と、地元地区を盛り上げる。
迎えうつ地元勢は、エースの赤坂 俊輔(長崎)をはじめ、当地周年で悔しくも優出を逃した下條 雄太郎(長崎)と、地元水面を武器に立ち向かう。

また、人気の女子も7名参戦とレースに花を添える。
賞金女王の座を勝ち取ったグレートマザー日高 逸子(福岡)、前回オールスターで1着2本と大健闘した鎌倉 涼(大阪)、男子顔負けのターン力をもつ平高 奈菜(香川)など、ただの壁の花では終わらない強力メンバーだ。

今節のカギは、3月末に新モーターに変わった当地で、調整のコツ、水面の感覚をつかんでいるかではないだろうか。